穏やかな日々の生活

毎日、健康で穏やかに

遅い夏休み

8月は毎年忙しく、お盆も休みが取れないので、今年も夏が過ぎ、秋の気配を感じる頃に夏休みとなる。

 

連休となるのだが、平日の為に妻は仕事、息子は学校なのである。

 

波でもあれば波乗り三昧となるのだか、台風が行った後波もありそうにない。

 

久しぶりに、海沿いの公園に2匹の犬の散歩に行く事にした。

 

家の庭にはよく放してやるが、散歩はあまり経験がないので、犬達も最終は少し戸惑い気味である。

 

天気もいいし、程よい風も吹き、気持ちがいい。

 

散歩をさせている人もたくさんいるが、ランニングをしている人がとても多い。

 

私も一度ここまで足を延ばし、ランニングした事がある。

 

とても気持ち良く走れるランニングコースだ。

 

海沿いのテラスのあるカフェで休憩。

 

ここは、テラスだったら犬同伴でもOKなのがありがたい。

 

アイスカフェラテを頼み、犬達にはお水をくれる。

 

ここは、夕暮れも人気のスポットで夕陽がとても綺麗なのである。

 

今度は、夕方来ようと思いながら公園を後にした。

 

帰り道、ショッピングセンターに寄り、犬達の餌とおやつ、おしっこマットを買うことにした。

 

帰って犬におやつをやり、 お昼はうどんを食べに行くことにした。

 

うどんは簡単で、早いからいい。

 

今日は、セルフでなく作って持って来てくれるうどん屋さんにした。

 

ここではいつも、月見うどんの大を頼む。

 

ワカメに天かすも入っていて、美味しく好きなうどん屋さんの1つである。

 

昼食の後は、本屋さんに行き、本を物色。

 

サーフィン雑誌を立ち読みしていたら、『海が見える家』というサーフィンが取り入れられている小説が、紹介されていたのでこの本を探しに文庫本コーナーへ。

 

少しパラパラして面白そうなので、購入することにした。

 

物語は、やっとのことで就職した企業がブラック企業で、1か月で退社。

 

そこに、ずっと疎遠になっていた父親の訃報が届く。

 

父親は、海の見える家に住んでいたが、処分するべく家の整理をする。

 

そうする中で、父親の意外な事実を突きつけられていく。

 

夏、豊かな自然が残る南房総の海辺の暮らしを通して、もう一度自分の人生を見つめる時間を過ごす。

 

その中に、父親がサーフィンをしていて、自分もトライする。

 

穏やかな波のうねりの音が聞こえて来そうだ。

 

多分、イッキ読みしそうだ。

 

海に行って、波乗りしたくなる。

 

 

 明日ぐらい波を求めて、遠出しようかな。

 

休みだし、そうしよう😄