穏やかな日々の生活

毎日、健康で穏やかに

頑張れタイガース

プロ野球クライマックスシリーズも、大詰めとなってきた。

一足早く、パリーグソフトバンク日本シリーズにコマを進めた。

楽天の2連勝で、後は則本、岸、美馬の三本柱で楽天有利と思っていたが、3投手とも打たれてしまいまさかの3連敗で日本シリーズ出場を逃してしまった。

勝負は終わって見るまでわからないものである、セントラルの覇者広島カープも分からなくなってきている。

横浜はラミレス監督が頑張っているが、原前巨人監督が次期監督か、という噂が出ているらしい。

元々、原氏は神奈川県の東海大相模高校の出身であるから、横浜の監督もおかしくはないと思う。

ラミレス監督も頑張っているが、原監督となればきっとプロ野球界も盛り上がるに違いない。

さて、我らが阪神タイガースはというと、雨の中泥んこの甲子園球場で無理やり試合をして、クライマックスシリーズファーストステージ敗戦となってしまった。

今年は、去年活躍した高山、北條、原口、岩貞選手たちが去年ほどの活躍が出来なかった。

その代わりというか、中堅の大和、俊介選手が期待以上の活躍をしたのではないだろうか。

特に、大和選手は今年からスイッチヒッターになって左打席でもある程度の結果を残した。

年齢的にも凄いと思う。

努力と練習の賜物だろう。

そして、若手の中ではやはり中谷選手。

生え抜きの選手で、20本のホームランは素晴らしい。

チャンスで三振もあったけど、チャンスでのホームランも結構あった。

記憶に残るホームランが多かったと思う。

ドラフト1位の大山選手も一軍に上がって来てからの活躍は凄かった。

来年が楽しみだ。

高山選手みたいに2年目のジンクスにならない事を祈る。

助っ人外国人はイマイチだった中、若手、中堅がよく頑張ったのではないだろうか。

投手陣では、やはり秋山投手だろう。

メッセンジャー投手が骨折で戦列を離れた後は、柱となりエース級の活躍だったと思う。

レギュラーシーズンで、2位なのだから惜しかったけどよくやったと喜んでいいのではないだろうかと思う。

1つ寂しい事は、掛布2軍監督解任の件である。

選手の時からの掛布ファンの私としたら、実に寂しい。

中谷、大山選手など沢山の若手選手を育てあげ、来期も期待をしていただけになんともやりきれない気持ちである。

しかし、来期はオーナー付アドバイザーとしてタイガースに残るらしいので、これからもタイガースが強くなるために頑張ってほしい。

来年こそ、優勝を頼むぞ!

阪神タイガース🥇